あまりに立派な墓石って正直どうなの

お墓の建設を考える際に重要になってくるのは、そのお墓本体である墓石ではないでしょうか。墓石は一般的に墓石を販売している会社との契約によって購入するものですが、墓石という特性上、購入者の意向によってその素材やデザインを考えることが可能です。日本では伝統的な縦の長方形をした形の墓石が多くみられますが、近代になって洋風の横長墓石、または様々な石材彫刻をあしらったデザイン墓石まで様々なものが登場しています。しかし、これら墓石の建設にとって、あまりに立派な墓石を建設するのは正直どうなんでしょう。

いなぼうの石像をさがしてみよう! | 猪名川町

例えば芸能人や著名人、会社の社長などの大金を持っている故人、またはその家庭においては、その人が残してきた功績や生前好きだったものなどを石材彫刻で具現化し、墓石とすることがけっこうあるものです。しかし、逆に言えばそれだけの派手な墓石を使用するのは、ある程度名が知れている人だとか、お金を多く持っている裕福な家庭の方が、金銭的な面でもそうですしイメージの面でも立派なお墓が似合うことでしょう。

宮城 墓石

それに対比して、それほど収入が無かったり、いわゆる中流家庭であったりすると、少し話は変わってきます。庶民的な暮らしをしてきた人々にとっては、墓石はそれほど立派ではなくとも自分の身の丈に応じたもので、なおかつ小奇麗な感じの墓石であることが理想ではないでしょうか。

福岡市 博多港引揚記念碑(那の津往還)

私自身も中流家庭の人間ですから、亡くなった後のことや法事のことを考えると、そんなに立派なお墓ではなく並の値段で、あまり派手ではないお墓に入りたいと思ってしまいます。お墓は生前の自分を表す存在でもありますから、身の丈に応じた墓石を使用することが良いでしょう。