ネット検索が趣味っていったらオタク呼ばわりされた

「ネット検索が趣味」でオタク呼ばわりとは悲しいですね。しかし、今は一家に一台どころか、個人で複数台、パソコンやスマートフォンを所有する時代です。インターネットでの検索が趣味で、悪いことなどひとつもないと思うのですが、いかがなものでしょう。

満足度が高い匠のSEO

確かに、引きこもりっぱなしで、一切外に出ずにネットばかりやっているとなると、少々問題があるかもしれませんが、仕事上そういった生活になってしまう人はいますし、「ネット検索が趣味」だからオタクというのは、あまりにも短絡的なものの見方ではないでしょうか。もし、あなたがそう言われた当人であるのなら、あまり気にしなくていいと思います。受け流しておけば、別に実害はないでしょう。

エキサイト サーチストリーム

そもそも「オタク」という言葉は、現在は蔑称ではなくなりつつあります。オタクとは、自分の好きな事柄や興味のあるジャンルに著しく傾倒している人ということで、ある物事へ一般人よりはるかに熱中している人であり、詳しい人のことなのです。好きなことがあってそれに夢中になれる人というのは、とてもすばらしいし、素敵なことだと感じるのですがいかがでしょう。

薬価サーチ

個人的な考えですが、私は「オタク」な人は大好きです。自分の好きなこと熱中しているものについて、熱く語れる人は、人間としておもしろいと思うのです。なにごとも言葉づらを、ほどほどに知っているという人よりも、アニメでもマンガでもゲームでも、それこそネット検索でも、熱中できる趣味のある人は、むしろ他の人から興味を持ってもらえるのではないでしょうか。