一生ものの歯だからこそ、ここまで深く悩んでしまう

姉は私より5歳年上で、今年の春に大学に入学しました。入った学校は自宅から電車と徒歩で50分ほどの距離だとのことで、特に下宿などで一人暮らしなどせずに姉は毎日通学しています。
まだ中学生の私の目から見ても、高校時代は相当に地味でファッションにはさして興味なさげだった彼女ですが、大学はこれまでとは違って全員決まった「制服」が無い分そうもいかない様子です。母や、時には私にまで「この服、おかしくないかなぁ?」と尋ねてくるようになりました。

公衆衛生学講座

元々、一部を除いてそこそこ容姿が整っていた姉です。基本的には何を着ても相応に似合うのでその辺はいいのですが、問題は「笑った時」です。
実は私の姉は、かなり歯並びが悪い人で、口を閉じてお澄まし状態でいれば美人なのですが、笑うと一気にそれが崩れてしまうのです。

仙台 歯医者の紹介

本人も相当このことを気にしており、そのために高校までは地味で目立たないことを第一とするようなファッションで過ごしていました。ですが、一生そんな服装で過ごす訳にもいかず、大学デビューを機に改善を考えた様子です。
ですがいくら服装を今風にしても、笑うと困ったことになるのでは問題の根本は変わっておらず、彼女は相当困っています。本人曰くは、「一生ものの歯だからこそ、ここまで深く悩んでしまうのよ」とのこと。

和田精密歯研が選ばれる理由とは? | 製品・商品情報 | 歯科技工所 和田精密歯研株式会社

家族的には「そんなに悩むならいっそ『審美歯科』で矯正してしまえばいいのに」と勧めているのですが、金銭的な問題もあり、姉がどう決断するかは分かりかねているのでした。